住まいに潜む注意点のひとつにシックハウス症候群があります。新築の場合は建材の確認、入居後は換気をしましょう。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

住まいに潜むシックハウス症候群の被害にあわない為に。

シックハウス症候群、最近は誰もが知る病気となってきました。安らぎを与えるはずの住まいで病気になるなんて、絶対に避けたいものですよね。所でシックハウス症候群とは顕在や内装に使っている材料が、原因となる科学物質を多く含んでいる場合にこの科学物質が気化し人間の吸う空気を汚染することで起きます。このため、新築の家やリフォーム後の家に入った時に不快な臭いや目の痛みを感じれば、空気が汚染されている可能性があり、注意が必要です。具体的には不動産会社や施工会社に建材や内装の材料を聞き安全かどうか確かめるといいでしょう。その時にいい加減な態度をとる会社は、信用がなく自分でしっかり調べる必要があるでしょう。

万一住み始めた後に異臭や体調の異変に気がついたということであれば、こまめに窓をあけるなど換気をしましょう。とにかく汚染された空気を溜めないで外の新鮮な空気と入れ換えすることです。有害物質は気化する間に次第に少なくなり、時間をかけて症状を改善することも可能です。ほおっておけば吐き気や頭痛がまし、呼吸困難など重大な健康被害を招きます。また住宅の建材だけでなく家具が原因だったケースもありますので、注意が必要です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.