家を建てるときは「こんな住まいを建てたい!」という夢を詰め込みすぎず、実用性のある住みやすい家にしましょう。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

「こんな住まいを建てたい!」だけじゃ駄目です

家を建てるときは誰でも「こんな素敵な住まいにしたい!」と夢を持っている物だと思います。家を建てる楽しみの一つが自分の好きなように建てることができるという点だと思います。けれど時には冷静になって、「本当にそれが実用に耐えるのかどうか」を考える必要もあると思います。ついつい夢を詰め込みすぎてしまって、住みにくい実用性に絶えない家を建ててしまうかもしれないからです。かっこいいし憧れていたから!なんてガラス張りの家を建てたらプライバシーがなくなって不便、ということが外国の家では結構多くて大変なんだそうですよ。

住まいというのは夢を詰め込みさえすればいいってわけじゃなくて実際に住んだときにどうかという点をよく考える必要があります。住みにくい家を建ててしまったら後でとっても不便ですから。不便にならないためにはまず建築会社としっかり話し合うことです。とんでもない建築内容を希望していても、しっかりと建築会社と話し合いができていればどこかでアドバイスをもらえたり止めてもらえるので酷くなりにくいと思います。それからできれば他人に住まいの計画書や間取り図を見てもらってアドバイスをもらうことです。冷静な第三者の意見は参考になります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.