自然エネルギーと家の構造の在り方で夏涼しく冬温かく住めるのが理想的な住まいと言われています。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

夏涼しく冬温かい理想的住まい

住まいは、昔のように家の構造上の工夫で、夏は涼しく、冬は暖かくというのが理想であると言っても、近代社会では自然の造りの家を再現しても既に環境的にはムリがあります。それでも、私たちは、自然エネルギーと断熱材や空気の循環システムなどの家の構造の在り方と湯を使う床暖房にペアガラスなどのエコシステムなどの最新機器や建築構造や工法などに助けられて、地球に優しく、私たち自身も快適な生活をすることができるようになってきました。我が家も今年のリフォームにより、それらの全てを取り付け、最新構造の家に作り替えるべく耐震壁や24時間換気システムを採用し、電気代は数千円でありながら、今までよりも快適で便利な生活をしています。

元々、住まいというのは家族の気持ちがほっとする場所であるのに、節約生活や地球環境のために気を遣いすぎて、かりかりしてしまい、住まいがストレスになっているという人達も珍しくありません。近代建築は、かりかりしなくてもフォローしてくれるすばらしい発展をしています。身体にとっても心にとっても伸びやかな生活の中、節約も自然とできているというのが、これからの住まいに求められる本当の理想の姿だと思います。

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.