老後はノンビリと暮らすと思い、美瑛町へ引越しをしたのですが、除雪でダウンし旭川市へ住まいを移しました。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

老後の住まいを変えています

定年退職と共に、北海道は美瑛町へ移住して来た夫婦です。残りの人生を、年金と預金で暮らしを立てる予定で住まいを美瑛町に移したのです。札幌にあったマンションを売り、その分で賃貸住宅に住むようにしているのでした。新しく家を購入することも考えたのですが、体が不自由になった時とか一人身になった時のことなどや、その後老人ホームのやっかいになることも考えると賃貸住宅に住んだ方が無駄な生活をしないと考えました。自分の持ち家と思うと、ついつい何でも購入してしまいそうと思い、無駄を省くために賃貸住宅に住むようにしたのです。そして日々、美瑛の美しさを私は写真に、妻は絵に描く日々を過ごしているのでした。

そんな生活も半年、一年たつと雪の多い美瑛の暮らし、結構大変になって来たのです。冬の除雪ですっかりと腰を痛めてしまった私、除雪の要らないマンション住まいを希望し、旭川に移って来たのでした。今、考えると美瑛町で家を購入しなくて正解だったと思うのです。旭川から美瑛町までは、車で30分ほど着くのですから、さほど不便は感じません。旭川の街はかなり大きく、買い物なども便利でこちらの方に住んで良かったと今は思っているのでした。

おすすめ情報

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.