海沿いに住まいを買うと、危険です。東北の大地震で津波の怖さを知りました。海沿いは止めた方が無難です。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

海沿いの住まいは津波が怖い

私の住まいは神戸にあります。ちょっと高台にあるのです。すぐ近所に海があるので、ほんとは海のすぐ横の家を買いたかったのです。しかし、海のすぐ横の家は価格的に高かったので、買えなかったのです。しかし、今となってはその方が良かったなと思っています。と言うのは、東北の大地震の時に起きた津波の被害を見てそのように思ったのです。海の側は景色がよくて、1度は住んでみたいと思うのですが、もし津波がくれば、確実に家ごと津波に飲まれます。そのことを考えると、海の側は危ないです。今住んでいる高台は、まず、津波が来ても安全なのです。

神戸に津波が来るかと言うことなのですが、来る可能性がかなり高いのです。四国沖で大きな地震が起きると言われています。これがもし起きれば、間違いなく今、私が住んでいるエリアにも津波が来ます。神戸は地震が来ないと言われていたのに阪神淡路大震災が起きました。そのことから考えて、神戸に津波と言う災害が来る可能性は否定できないのです。もし、大きな津波が来れば、神戸の平野部は壊滅状態になると思います。海面と高さがほとんど変わらないというところが物すごく多いのです。海沿いの家が欲しいと思いながら価格が高くて買えなかったのは、ラッキーだったと思っています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.