住まいは快適に暮らせるのであれば贅沢は言いません。下肢に障害があるので一階がいいと考えています。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

住まい一階に暮らしたい

住まいはどこに暮らしてもいいですが、都会はもういいと思っています。パソコンで仕事をしているので住む場所は選びません。日本全国どこでもいいと考えています。それでも住みたくない県はあります。それはあまりいい思い出がないからです。別にこだわらなくても大丈夫だ思いますが、性分なので仕方がありません。杖をついて生活をしていますので、出来たら一階を希望しています。日頃から運動を考えていますが、仕事が忙しかったらなかなかその時間をとる事が出来ません。それはいい訳になると考えているので、思い立ったら動く様にしています。年をとると段々足から弱って来ると言われています。それは実感しています。自宅でもストレッチはやる様に心がけています。

仕事の合間にもストレッチやアイソメトリックスはやる事が出来ます。つまり運動は本人のやる気次第だと言う事です。連れの身体の調子が良くないので携帯電話を持たせています。市内でしたら快適とは言いませんが通話は可能です。ただしあまり本人が携帯電話に興味がないのが難点です。今の時代を生きるのですからある程度は覚えて欲しいです。無理に覚えさせても駄目なので、やる気が出る迄待っています。それでもある程度強制的に覚えさせる必要は感じています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.