住まいにより収納スペースが限られますが、そんな時に家具変わりにもなるカラーボックスの利用方法があります。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

住まいの収納はカラーボックスで

住まいには収納スペースがある程度必要ですね。家の大きさや造り、部屋のサイズにもよりますが、収納場所が少ない場合とても困ってしまいます。物を減らす事も大切ですが、簡単に収納するスペースを増やしたいものですね。カラーボックスでしたら、改めてタンスなどを購入しなくても、お安くお手軽に収納する場所を確保することが出来ます。

現在は、カラーボックスと言っても数種類のタイプの物が発売されています。1段タイプ、2段タイプ、3段タイプなど棚の数も色々ありますし、幅や長さにもバリエーションがあります。元々ある押し入れなどに、このカラーボックスを入れて収納力を高める事も出来ますし、縦に置いたり、横に置いたり、連結させたりして、家具としても活用できます。

私も独り暮らしを始めて、カラーボックスを並べて飾り棚を作りましたが、安い材料でステキな物が出来上がりました。ホームセンターでキャスターを買い、ボックスの下の部分に取り付け、コロコロと簡単に移動できるようにしてみました。掃除の時などにとても便利です。私は棚と同じ大きさの箱を入れて収納していますが、目隠しに突っ張り棒で布を掛けても良いですね。又、木材で扉を付けてもステキです。収納場所を確保するだけでなく、部屋の間切りとして置いてもお洒落です。アイデア次第で色んな組み合わせが出来ますので、好みの形になるように色々試してみるのも楽しいかと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.