地方の住まいを選ぶメリットや考え方などを、人生という有限な時間や、通販などの利便性から書いてみました。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

地方の住まいと自分の生活

都会の暮らしは、便利で1度その生活に慣れてしまうと、その便利さからなかなか抜け出せなくて、そこが住めば都の都になります。人間はその環境に慣れる習性がありますから、慣れてしまえば住み心地もよくなります。しかし何らかの事情で、田舎の暮らしに戻ると都会の生活には戻れなくなるのも事実です。生活の方法さえあれば、やはり自然が多くて、人付き合いが煩雑にならない、ゆったりした癒しの地方の生活の方が良いように思います。もともと人間はゆったりした住まいで生きてきたのだと思いますので、それが自然な生き方でもあるように思います。生活の糧である収入は都会の方が数段上ですが、一生は同じ時間しかありません。その充実度も大切なように思います。

田舎に住むということは、言葉のイメージではなくて、自然の中で自分を癒すことができる正常な生活ができます。またアイデアも浮かびますし、自然と語り合うこともできます。最近はショッピングも通販で十分補えるので、大手の量販店やスーパーやデパートなども必要がなくなってきています。そのような便利さからも地方に住むメリットは大きいと思います。地方の住まいの物件も考えてみてもよいようにも思います。

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.