住まいを持つことについての心の平安を書きました。精神的に良い効果があり、それを所有することのメリットについて。

住まい造りを考えているとき

住まい造りを考えているとき

住まいとは心の平安を意味します

住まいを持つことはとても精神的に平安になります。人間の本能としてそういうことがあるのかもしれません。それが自分の所有物であればとても安心して暮らせます。自分の家を持つということは想像以上に人生において大きなものと言えます。

ただし自分の家を持つには大きな資金が必要でしょう。資金を貯めるにも大変です。そういう場合はお金を借りたりして将来の収入から払っていくということも可能なので自分の家を持つことは不可能ではないでしょう。最近では長期金利がとても低いのでねらい目と言えばねらい目です。金利はこれから高くなるということですから安い内に借りておくのが賢い選択でしょう。

お金を借りるのは抵抗があるという人はいると思いますが家を購入する場合はほとんどの人が融資を受けますのでこれは仕方ないと言えます。現金一括で購入するという人は余程お金がある人なので珍しい部類に入ります。住まいを持つということは非常に仕事のやる気にも繋がりますので思い切って購入してみるのも良いことです。それで一生懸命働く気になれば仕事先での昇進もあると言えますのでお金を返すのが楽になってきます。良いことがたくさんあるので環境を変えるという意味でも人生のターニングポイントになるでしょう。

Copyright (C)2017住まい造りを考えているとき.All rights reserved.